• 種の会の理念
  • 地域に根ざして
  • 種の会について
幼保連携型認定こども園 なかはらこども園
園の取り組み
2016年3月16日 水曜日
 3月8日、なかよし鍋がありました。
 なかよし鍋は、2歳児から5歳児の子どもたちがそれぞれ食材をちぎったり、
 包丁で切ったりしながら、すいとん鍋を作る行事です。

 

 各クラスで協力しながら、どんな鍋ができあがったのでしょうか。

 

 

 2歳児あひる組です。
 IMG_2764 しめじともやしをちぎりました。

 

IMG_2772  IMG_2763

 

 

 「もやし折れたよ」と保育者や友だちに見せたり、「しめじ大きいな!」などと
 話す姿がありました。

 

 

 3歳児ばんび組

 

 IMG_2781  こんにゃくと水菜を

ちぎりました。

 

水菜はちぎりにくかったよう

ですが、手先を上手に使って

細かくしました。

 IMG_2780

 

 IMG_2778  「こんにゃくって

ぬるぬるしてるな~」と

発見したようです。

 

 

 4歳児 くま組

 

 油揚げとしいたけを

切りました。

 IMG_2784

 

 IMG_2783 グループごとに何回ずつ

切るのかを決めて

始めました。

 

 

 「もっと小さいほうが

食べやすいんちゃう?」

などと具材の大きさに

気を付ける声がありました。

IMG_2800

 

 

 IMG_2815  全部切れたよ~!

 

 

 わくわくしながら具材を鍋に入れました。

 

 

 

 5歳児 ぞう組

 

 以前、食育でみそ汁を作った経験を活かして、食材の切り方や大きさなどを考えながら
 取り組む姿がありました。

 

 IMG_2797 「いちょう切りにできたよ」

 

 

 

 ごぼうは皮をむいても茶色なので、

皮がむけたかどうかがわかりにくく、

苦戦している子もいました。

 IMG_2791

 

 

各クラスの具材を鍋に入れ、グツグツ…
だんだんといい香りがしてきました。

 

IMG_2827 これは分けたあとの写真

ですが、具だくさんで

とてもおいしそうです!

 

完成したすいとん鍋は給食の時間にいただきました。

 

「おいしい!」「これ私が切ったやつや!」など、具材を
よく見ながら食べていました。

 

みんなで協力しながら作ったなかよし鍋は大成功でした!

 

また、来年も作ろうね。

 

 

カテゴリー: 園の取り組み