• 種の会の理念
  • 地域に根ざして
  • 種の会について
幼保連携型認定こども園 なかはらこども園
園の取り組み
2014年2月28日 金曜日

☆須磨水族園に行きました☆

2月25日(火)、5歳児ぞう組は須磨水族園に行きました。

今年度、電車での園外保育が雨で2度も中止となったため、

電車に乗って須磨水族園に行きました。

子どもたちは、遠足の前日まで須磨水族園に行くことは知りませんでした。

突然のサプライズにみんな大興奮!!

最後の遠足なので、今回は4つのグループに分かれて行くことになりました。

どの先生と一緒に行くか・・・みんなで悩み、くじ引きで決めることにしました。

グループの友だちと先生と一緒に、いざ出発です!!

電車に乗っての大冒険☆

楽しい一日の始まりです♪

 

JRの灘駅まで

みんなで手をつないで行きました。

 

 

駅に到着。 今回の遠足は、自分で切符を購入しました!!さぁ、みんなうまく買うことができるかな??
100円を力いっぱい握りしめ、 切符売り場に並ぶ子どもたち。  「買ったことある~!」「今日は自分で買えるんや!うれしい♡」とドキドキしながら順番を待っていました。

子どものボタンもしっかりと押して、無事に全員切符を購入することができました!!

 

みんなで乗る電車は、慣れっこ。

「あと何駅?」「あんなところに保育園がある~!!」と

外の景色を楽しんだり、小さな声でおしゃべりしたり・・・。

マナーをしっかりと守って、

須磨海浜公園駅まで電車に揺られました。

 

 

 改札も切符を入れて、自分で通ります。「切符が上手にはいらへんかったら、どうしよ・・・」

と少し心配しながらも、自分たちの手で通り抜けに成功☆

みんな、いい顔していますね!!

 

 

☆ようこそスマスイへ☆到着!!

 

   スマスイの前には、かわいいオブジェが。その前でグループごとに記念撮影。

愉快な魚たちに迎えられ、水族園の中へ!!

 

 

 

 

最初は☆イルカショー☆

「すご~い!」「イルカ、かわいい♡」「何頭いるんかな~」 と始まるまでドキドキ・わくわく。

 

みんなでハイ・ポーズ

 

♪スマ・スマ!!海浜水族園~とうたに合わせてのイルカショー。 イルカの大ジャンプに、子どもたちも大きな拍手と歓声をあげました!

「すご~い。どうやってやってるんやろ!」

と興味深々。

大盛り上がりで終了したイルカショー。

「お腹すいた~」の

子どもたちの声がたくさんたくさんあったので、

この後はお弁当を食べることにしました。

 

 

大水槽の中をみんなで探検。クラゲにまいいか、オウムガイ、クリオネ・・・

とたくさんの魚たちを研究しました。

「これ、〇〇イカやで!」と豆知識をたくさん教えてくれた男の子たち。

女の子はかわいいクラゲの動きに夢中でした♡

 

 

 お弁当のあとは、ふれあいコーナーで

思いきり遊びました。

「先生、サメさわってきていい??」

と子どもたちが目をキラキラさせながら走っていきました。

なんと、小さいサメをさわることができるコーナーがあるんです♪

 

「ヌルヌルしてる!」「ちょっと柔らかい!」「噛まれたらどうしよ~」と子どもたちは大興奮。「ちょっとこわいな~」と後ろで見ていた女の子に「一緒にやろう!大丈夫やで!」と一緒に手をそえて助けてあげる友だち。

とても仲良く、やさしいぞう組の子どもたちの姿をたくさん見ることができました。

 

 

 

楽しい水族園に、おいしいお弁当。

子どもたちの笑顔がたくさんみることができた一日となりました。

切符を買って電車に乗って・・・。楽しい思い出がまたひとつ増えました。

お弁当のご用意ありがとうございました!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 園の取り組み
2014年2月5日 水曜日

 

保育園に鬼がきた~!! 

2月3日(月)、16時頃・・・。保育園に鬼がやってきました。

夕方子どもたちが園庭に出ると、木に手紙がぶら下がっていました。

 

その手紙には・・・

“今から いくぞ!!”と書かれていました。

子どもたちは、すぐに豆を用意して準備万端。

 

が・・・しかし・・・。

 

鬼を目の前にした子どもたちは、絶叫!!

手に持っていた豆はすぐになくなり、あちこちに逃げ込みました。

大騒ぎの豆まき、無事に鬼退治はできたのでしょうか??

 

 

 

今年は、4人の鬼が乗り込んできました。 

この風貌にみんな腰を抜かし、大号泣。

先生の後ろにかくれる子どもたち。 

う手に豆は残っていません。何とかして逃げようとしていました。

 

が、しかし。退治しなくては、鬼は帰ってくれません。

子どもたちは、泣きながら鬼に

立ち向かいました。

必死で豆を投げ、

鬼を追い払っています!! 

鬼が近くまで寄ってくると、子どもたちはどんどん逃げていきます。

 

泣きじゃくる子どもたちに、

鬼もおそるおそる近づいていました・・・。

 

 

 

 

 大泣きしながらも勇敢に立ち向かう子どもたち。

 

先生から豆をもらい、一生懸命鬼に向かって

豆を投げていました。

その姿に鬼も心を打たれたようで。。。

 

   子どもたちの豆攻撃に、 後ずさりしていく鬼たち。
そして・・・4人の鬼たちは、「まいった~!もう、かえる~!!」「先生の話、ちゃんと聞くんだぞ~!!」と

慌てて逃げていきました。

 

 

 

 鬼たちが無事に去り、泣きじゃくる子どもたち。 

ぞう組を中心に、「もう大丈夫やで。」「こわかったね、もう来ないからね。」

と、やさしく話かけてくれました。

やさしいお兄さん、お姉さんの言葉に泣いていた

子どもたちも、落ち着いてきました。

 

 

 

 

「鬼退治できた~!!」

「やったー!!」

「今日、みんなの心とお腹の中にいる鬼を

いっぱい退治できたかな。」

「鬼さんとの約束、これからもしっかり

守ろうね!!」

と子どもたちと一緒に話をし、

無事に鬼退治を終えました。

 

 

 大号泣の末、鬼退治を終えた子どもたち。

鬼との約束を忘れずに

今年1年も元気に健やかに毎日を送れますように・・・。 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 園の取り組み