• 種の会の理念
  • 地域に根ざして
  • 種の会について
片山喜章のページ ~思い・願い・提言~

週刊メッセージ“ユナタン7-47”

2018年7月11日 水曜日

【ユナタン7-47】
  ~ プールの季節、コーナーでも遊泳 ~ 

2018年7月11日  片山喜章

もみの木台保育園では、2歳児クラス以上の子供達は2階のテラスにある大きなプールに入ります。それ以外の時間は基本2歳児~5歳児までのコーナー遊びです。普段、2歳児クラスの子供達は1階のお部屋にいますが、プールの後の時間は幼児クラスと一緒に幼児クラスのコーナーで遊びます。比較的ゆったりした幼児クラスの保育室を活かしたこの時期ならではの保育の特色です。

7月4日、プール活動が始まって2日目のことです。2歳児クラスの洋くん(仮名)は、早めにプールから上がって着替えをし、一番乗りで幼児のコーナー遊びにやってきました(というのも洋くんは、おしゃべりは得意ですが、大きなプールが苦手です。さっさと先に上がって早く室内であそびたかった、そんな感じでした)。着替え終えて出てきた所には、椅子でつくった仕切りがありました。その中で5歳児クラスの子どもたちがままごとをしていました。一つ下の年中児クラスの子が仕切りの中に入ろうとすると「ここは私たちの所だから入らないで!」と言い放っていた一郎くんも2歳児クラスの洋くんが入ると、ムッとした表情になりましたが大きく息継ぎをしてから「ま、しかたないか」と、作り笑顔を浮かべながら許容しました。洋くんは、ままごとコーナーにある物を物色し赤ちゃんのミルクの玩具を見つけると赤ちゃんの人形も棚から取り出し机の上に寝かせてミルクを飲ませます。しかし、洋くんなりに空気を感じたのか、その赤ちゃんを後からやってきた2歳児クラスの他の子に譲り、次のコーナーに移動しました。

次に向かったのはラキューコーナーです。そこには年長児クラスの子ども達がラキューで作ったカッコいい車やらお家等が飾ってありました。洋くんはニコッとしその中の車の一つを持ち上げて遊ぼうとします。そこへ一郎くんがやって来て今度は「ダメだよ、勝手に触っちゃ」と一喝。ここは許容しない一郎。ままごとという形のない遊びに侵入することは許せても、ラキューで作った作品を触られることは許さない年長児。洋くんは一瞬しょぼんとしつつも、何かを悟った様子で気持ちを切り替えてラキューを組み立てるコーナーに行きました。そこでラキューを手にして作品づくりにトライ。しかし2歳児の洋くんには無理でした。

そしてまた次の場所へ…
積み木コーナーの棚にはフィギアの人形やら、ブロックがあり、一通りなにがあるか全部の箱の中を覗いて確認しました。そして、見つけました!
普段、自分のクラスでも遊んでいる『汽車の玩具』です。その箱を引きずり出して、普段、自分がお気に入りの形の汽車を見つけて遊び始めました。“でもこれなら自分のクラスのお部屋にあるし‥…” しばらく集中して遊びながらも興味は他の所に移っています。(もっと何か楽しいことないかな)そんな様子でした。

そして次に向かったのは制作コーナーです。この日は七夕にちなんで、七夕の製作をしていました。30㎝程の長さのスズランテープに星形のシールや、キラキラで色とりどりのビーズをボンドで貼って天の川のような物を作っていました。洋くんがまず興味を示したのは星形のシール。自分でも貼ってみます。そして次に興味を持ったのが色とりどりのキラキラビーズ。しかしこれはシールの様にそのまま貼り付けることが出来ずなかなか思うようにいきません。ここで先生がキラキラビーズにボンドを付ける仕草をして見せました。洋くんは指でボンドをたっぷり取ります。そして自分の手の上にボンドをつけて遊び始めました。
ボンドの感触に夢中の洋くん。「飾りをつける事への興味は消えちゃったのかな?」と先生が、洋くんが手に付けたボンドの上にキラキラビーズの飾りをつけてみました。あ、そうだった!というようにキラキラビーズの飾りに再び興味を持ったSくんは手についたキラキラビーズを今度はスズランテープに貼っていって、飾りをつくっていました。

以上、プール活動がはじまて2日目の様子でした。洋くんは普段とは違う広くて新しい環境に興味津々でした。驚きの連続だったことがわかります。しかし同じ2歳児クラスでも15名の姿は実に様々です。広いことが不安になる子。担任となら遊べる子。1つのコーナーに入り込んで3歳児クラスの子と遊ぶ子。それぞれですが、これから夏が終わるまでこのような暮らし方を経験することは、有意義だといえると思います。
プール活動の時期は水に親しみながら水中で自在に動く経験を重ねます。そのためにできるだけ無駄なく効率的に入水できるように努めます。そのためのコーナー保育が思わぬ副産物をもたらした例です。各園において、このように普段の保育とはちがったこの時期ならではの工夫された生活が展開され、成果が得られるだろうと期待します。 【話題提供:もみの木台保育園 太田亜希・森田彩未】
※ 次回、7月25日は、なのは乳児園(神戸市灘区)です。