• 種の会の理念
  • 地域に根ざして
  • 種の会について
片山喜章のページ ~思い・願い・提言~
2018年4月25日 水曜日

【ユナタン2-42】

~ 思いを伝え合うことが解決策 ~

2018年4月25日  片山喜章(理事長)

  なかはらこども園(神戸)の去年の3歳児クラスの出来事です。
昨年12月、3歳児のマッチとトシとヨシオの3名(いずれも仮名)がお医者さんごっこをしてよく遊んでいました。よく遊んでいる!ということは同時にトラブルも起こりうる!という事です。そのトラブル体験(ケガのリスクは回避)は保育者の「見守る介入」によって良い育ち=教育になりえます。今回は、その事例です。

予想通りトシとヨシオが注射器を使い始めると、マッチはお気に入りの注射器が欲しくてほしくて何の断りもなく奪い取ってしまったのです。もちろんトシもヨシオも黙ってはいません。マッチから取り返そうと言葉で応酬します。するとマッチは2人を交互に叩き始めました。その途端、トシは声をあげて泣き叫び、ヨシオはその場から逃げ出して先生のところへ駆けていき、マッチの乱暴を訴えたのです。

「どうしたかったの?」と先生は、3人それぞれに尋ねましたが、3人とも“欲しかった”と答えるだけで話はすすみません。ここで先生の介入の仕方が問われます。このケース、「解決の主体」は先生なのか、3人の当事者なのか、そこが保育のポイントです。例えば、先生がマッチに「叩くのはダメでしょ。お口で言ってね」「順番に使おうね」と諭すのが一般的ですが、当事者どうしのトラブルに先生が立ち入って裁くことが果たして教育と言えるでしょうか。みなさんは、どう考えますか。

先生は、特に「こうすべきでしょう」と断定的な提案をせずに「何か嫌なことがあったらお友達を叩かないで、センセイに話しにきてね」「ちゃんと聞くからね」とマッチに話し、トシには「嫌なことがあったら、泣かないでお話してね」ヨシオには「トシが嫌なことをされたら、マッチにお話ししてね」と伝えました。
つまり“トラブルで生じた気持ちは聞いてあげるけど、解決するのは自分たちだから話し合って、解決してね”というメッセージを送りました。事あるたびに同様のメッセージを送り続けました。“3歳児にはムリ”“先生が言って聞かせる事が教育”と考えるのが常識ですが違います! トラブルにならないように大人が言って諭すことよりもトラブル後、当事者の心に生じた気持ちを当事者間で話し合いながら、解決しようとする“意識”や“行為”を促すことが本物の教育だと思います。
それから、3か月を経た今年の3月のことでした。マッチ、トシ、ヨシオの3人はまたお医者さんごっこをして遊んでいました。そしてまたまた注射器をめぐってマッチとトシが取り合いをはじめたのです。ヨシオは仲裁に入りましたが、無理と判断したのか、また、先生に伝えにいきました。まさにデジャブです。

少し迷った先生は、子どもたちの話を逐一聞くことをやめて「3人で話し合うことはできる?」と尋ねました「できるっ」「できる~」と声が返ってきました。
そこで3人の傍で逐一話を聞くのか、それとも距離をおいて子どもだけで話し合うのを見守るのか思案しました。あれから3か月“子どもたちだけでどんな会話をするのか聞いてみたい。どうにもラチがあかないときは自分が関わってみよう”と腹をくくって「自分たちで話し合ってくれるかな」「後でどうなったか教えてちょうだい。先生聞くからね」と伝えました。先生は少し距離をおいて子どもたちの様子を観察します。子どもたちは“見られている”と感じているようでもありました。

3人だけで話をする姿が見られて、先生は嬉しくなりました。時折、話し合う声が漏れ聞こえてきます。「ツカイオワッタラ~…」「サキニ~…」。マッチとトシがデュエットでもしているかのように交互に話しています。その横でうなずくヨシオの姿は、まるで、2人に合わせて伴奏しているようで‥‥…。それから5分が経過しました。

マッチとトシがやってきました。さてさてどんなふうに解決したのでしょう。
マッチ:「先に、トシに貸してあげる。トシが使い終わったら貸してもらう」
トシ :「先にぼくが使うことになった。使い終わったらマッチに貸してあげる」
先生は「ホントに納得した?」と尋ねました。子どもの「答え」に突っ込みを入れることで思考力が一層刺激されるからです。2人とも笑顔で「ウン」と答えます。
その後、トラブルもなくヨシオを交えた3人で注射器を使って遊んでいました。お医者さんごっこだけでなく、大人に口出しされずに話をして合意をつくり出せた経験(結果は二の次)も3人の子どもにとって有意義(教育)だったと思います。
保育の場面だけでなく社会全体の物の決め方として大切にしたい事です。
それにしても、この注射器、中にどんな良薬が注入されていたのでしょう?!
【資料提供:なかはらこども園:牛島夢恵】
※ 今後、ユナタンは毎月、第2、第4水曜日に発行・配布します。
次回(5月9日)は、みやざき保育園(川崎市)から【事例】をいただきます。

2018年4月17日 火曜日

【ユナタン1-41】
~ 新年度早々のエピソード2つ ~

2018年4月17日  片山喜章(理事長)

今年度も「子どもたちの姿」と「その解釈」を綴った【ユナタン】がスタートします。今年度は10施設ある法人のこども園、保育園(他に児童館を運営)が、1園ずつ輪番で話題提供し、そこに私なりの解釈を加えてお届けします。

 今回は、新年度早々私が直接、かかわった2つのエピソードです。

  『導きのスキル(真似っこ。ルールのアレンジ)』
4月2日、新年度初日、A園の4歳児クラスの保育を観察していました。新しい担任はお部屋でサークルタイムをしたあと、子どもたちを1階のランチルームに降ろしました。子どもたちと集団ゲームをするというのです。クラス全体でルールのあるゲームをするのは、絵画や製作等、個々が対象物に向き合って取り組む活動と異なり、ゲームのおもしろさとルールの共通理解が欠かせません。保育者の展開力が弱いと、ぐちゃぐちゃになってしまいます。実際、保育者の強い指示や言葉の力で子ども集団を何とか引っ張っていくこともあり得ます。さて、さて…。

だらだらと、1階のランチルームへ降りてきた子どもたちに担任は、いきなり、『だあるまさんが、こおろんだ』と声高に言い放ってひとりでシェーのポーズをして見せました(おそ松くんのイヤミのポーズ)。突然の姿に子どもたちも思わずシェーのポーズを真似てしまいました。表情は輝いています。その後も担任は『だあるまさんが転んだっ!』と言い放っては次々に様々なポーズを変えてくりかえします。
子どもたちも“次はどんなポーズ?!”“次は?”と担任のリズミカルでコミカルな動きを期待し、そして真似っこをします。ありきたりのネタですが、子どもの“真似したい”“おもしろい”の気持ちを引き出した担任の力だと私は捉えました。

次に担任は後方に用意した2枚のマットに子どもたちを移動させ、自分は反対側の扉の方へ行って子どもに背中を向けて鬼になります。『だあるまさんが~』で子どもたちは鬼に駆け寄って『転んだ!』で振り返ると子どもたちは止まります。
昔からある遊びです。しかし本来?の「だるまさんが転んだ」と違います。誰もアウトになりません。子どもたちは鬼の居る付近まで駆け寄ってそこに並べられたカラーコーンにタッチするとまたマットに戻ってスタートします。
ただ単に鬼の前にあるカラーコーンをタッチすればマットに戻って再出発する。ゴー&ストップの動きを自分のペースで何度もくりかえすだけなのに、4歳児クラス初日の子ども集団がほぼ全員、楽しめます。その年齢の興味を把握したルールにアレンジして展開する事、これは保育者のスキルの大事な面だと私は捉えます。

『コーナー・ゾーンでの保育者の仕事』
コーナー・ゾーンの遊び環境は、現代の保育において欠かせない基本のキです。
4月5日、B園のコーナー・ゾーン活動でのことです。朝10時、3歳児~5歳児の80名くらいの子どもが一斉にコーナーで遊び始めます。その場で作って販売するスイーツ屋さんがおもしろそうだったので私はイートイン用の椅子に腰かけてみました。間もなく黄色のエプロンと花柄の三角巾をまとったKちゃんがお皿にケーキセットを綺麗に盛り付けてやってきました。私は笑顔控えめでイチゲンさん気分で緊張感を漂わせて店員さんの方に目を合わせます。ここは居酒屋ではないのです。

「うちのケーキセットおいしいですよ、どうですか」とすまし顔の店員さんが声をかけてくれました。パティシエらしいです。私がイチゲンさんらしく浮かない表情で「じゃ、お願いします」と返すと、Kちゃんはスプーンとフォークを添えてケーキセットを置いていきました。私は(心得として)誰も見ていなくても、そのケーキをほんとうに美味しそうに口元にもっていき、口だけをもしゃもしゃさせながら、美味!という表情をつくって独りうなずいていました。私の意識はもはや観察者ではありません。するとまたKちゃんが近寄って来て「いかがでした」と尋ねました。私はマジに美味しかったと答えるとKちゃんはふたたび豪華なケーキセットを両手に乗せてきたのです。表情豊かに「これ、うちの新作なんですよっ」と甘めの声で勧めるではありませんか。おすすめされると断れない性分の私は「はっそうですか。では、いただきます」と押され気味の受け応えしかできませんでした。

私の存在に警戒心を抱いていた3歳児のNちゃんは、このやり取りを見ていたようです。まるで珍獣に餌をあげるように恐る恐る私に近づいて自分の作ったケーキをそっとおいてさっと逃げて距離を置きました。無言でケーキを食する私の姿を見て安心したのか、その表情から警戒心が抜けました。大人の真剣な演技の成果です。このお店の品々はベースが本物仕立てで品数が多くトッピングも豊富です。トングやラップも本物です。このような手の込んだ環境づくりは保育の重要な一面です。