• 種の会の理念
  • 地域に根ざして
  • 種の会について
片山喜章のページ ~思い・願い・提言~
2017年11月28日 火曜日

〔ユナタンDX-3〕 №34
ニッポンの〔いま〕のなかで保育する、ということ ③

平成29年11月28日  片山喜章(理事長)

11月11日(土)、大阪府藤井寺市の法人施設「ななこども園」で《公開研究会》がありました。この園では『話し合いの保育』と『1歳児からのグループ活動・当番活動』をガチに園生活の中心に据えています。ここでプレゼンされた実践とエピソードを聞いて「3歳児の育ち」と「規範意識」そして、ニッポンの〔いま〕と「これから」の保育について深く考えさせられました。

この園では、1歳児から1テーブル3人1組のグループがあります。今回は、3歳児のグループの給食当番において、土日を挟んで6日間にまたがる話し合いの物語がありました。保育の中心に“話し合い”を据えるのは大事です。しかし、日々の決まった当番活動を3歳児どうしが話し合うってどういう事なのか、あまりイメージが持てないと思います。私自身、この園のグループ単位の当番活動を日頃から高く評価しながらも、何でもかんでも(幼い)子どもに尋ね、逐一子どもどうしで話し合いをさせて決めていく保育の進め方を“偏り過ぎかな”と感じることもありました。

3歳児クラスは5人1組のグループです。毎日、同じテーブルに座ります。給食の配膳や盛り付けをグループ内のメンバーが輪番に行います。当番表は、日めくり式の写真付きカードです。
5歳児なら、毎日くりかえされ、滅多にトラブルは起きません。けれども、3歳児になってから開始された日々の当番活動において「毎日したい」など、色々わがままを言う子も出てきます。
ふつう、オトウバンは?お当番!なので、特に話し合って決めることもなく、1人の子が続けてするのは認められるはずがありません。ルールを知る=社会性を会得するチャンスと考えます。

しかし、ここでは1人の子が「続けてやりたい!」と主張すれば、先生は「みんなどうする?」とグループのメンバーに尋ねます。もしも、1人の子のわがままに「いいよ」と仲間が答えれば、その子はいつでも当番が出来て、先生は異論を唱えず是認するという日常です。私たちは反射的に「そッら~あかんやろ⤴」と考えます。果たして、どうだったのでしょう。ここではSグループの朝の話し合いの様子が、子どもの言葉1つ1つを取り出しながら、つぶさに報告されました。

10月27日(金)、各グループの前日の当番が前に出て1人ずつ「今日の○○グループのお当番は××です」とカードをめくって知らせます。正広たち5人のグループがカードをめくると“慎吾”の写真が出てきました。しかしその日、慎吾は欠席でした。担任は「どうしよう?」とSグループのメンバーに尋ねました。すると正広が「ぼくがする!」と主張します。即座に拓哉は「慎吾のカードをめくったら慎吾が可哀そう」と反論します。他の仲間もそれに続きます。正広は仲間におされた気味で「ぼく我慢する。当番表をめくりたかっただけや」と自分の主張を取り下げ、その日は“慎吾の代わりに全員でお当番しよう”と次々に言い出して、各自、自分で給仕することになりました。“!と?”の空気が混ざる感じです。しかし翌31日もまた慎吾はお休みしたのです……。

10月30日(月)。「今日も慎吾の代わりにみんなでしようか」という拓哉の提案に剛と吾郎は追認し、正広は「嫌だ!自分がする」と言い張ります。正広はカードをめくって「慎吾が登園したらまた慎吾に戻せばよい(次は正広)」としきりに訴えます。慎吾が登園したとき、ふたたび慎吾に戻す約束で全員が納得し、正広はカードをめくって自分の写真が出て来たので、その日、当番をしたのでした。ここでのやりとりは、不思議に道理が通っていました。躊躇なく主張し合うメンバーの姿と相手を説得しようとする言葉に感動しました。

そして、10月31日(火)、久々に慎吾が登園しました。朝の集いで前に出て来た正広は、当番カードを逆に戻して「○○グループの今日のお当番は慎吾です」と全体に知らせました(Good!)。慎吾は、この間の出来事がよくわからず「えっ今日、僕で、いいの?」と尋ね、メンバーは一斉に声をそろえてOKしました。
大人が決めつけず、このような任された話し合いを対等に重ねるうちに子どもの思考は深まるようで、子どもは、子どもの影響をより強く大きく受けて発達していくのだと実感しました。

翌11月1日(水)、朝の集まりでは、前日、お当番をした慎吾が当番カードをめくります。すると正広の顔写真が現れて「今日の○○グループのお当番は正広です」と慎吾は言いました。すかさず拓哉が「違う!」と声を荒げ、正広は「なんであかんの?」と詰め寄ります。拓哉は『だってこの前は、正広、一回、お当番したやろ? それで慎吾が昨日して、また今日、正広がするのは2回になるから嫌やー(原文のまま)』と応戦し、しばらく“必死のパッチ”の主張合戦が続きます。
【気遣いのない自己主張の応酬は、互いの思考力を鍛え、精神を研き、理解を促し、自己主張の中味を成長させ、譲歩の気持ちを呼び起こし、結局、仲間意識を育む】と確信しました。〔いま〕のニッポンに必要なのは、気遣いのない自己主張の応酬です。私たちが見習いたい姿でした。

拓哉は「正広の次は拓哉、今日は自分が当番」だと主張します。言い合うたびに正広は徐々に理解を深めていきました。剛も吾郎も理解が進みます。その日、慎吾がめくったカードに正広が出たけど、ほんとうは正広を飛ばして拓哉になるはず。そこで正広に「もう一回、カードめくってはどう?」と剛も吾郎もやさしい物言いで話しかけました。この寄り添うムードが正広の理解を促し、とうとう正広は(照れ隠しなのか)「みんな目をつむって」と言い出し、みんなが目を瞑っている間にさっとカードをめくりました。そこには、拓哉の姿が写真になって「拓哉がお当番ですよ」というメッセージが伝わってSグループみんながほんとうの納得に至ったようです。

《研究会》の中で出た1歳児クラスの話です。食前にエプロンをする際、1人の子が裏向けに着けかけた時、近くの子が“違う”と気づいて助けようとしました。微笑ましい姿です。しかし、その子は“ジブンでする!”と主張して助けを拒否します。にもかかわらずその子は手助けしようとします。(双方の気持ちはわかります)。その時、全く別のところから第三の子がやって来て両者の間に分け入って「手助け無用。自分でしたがってるんだからやめなさい」と言わんばかりに手助けする子をメヂカラと両手で遠ざけたのです。これ! 1歳児の姿です。ここからの洞察、重要です!
〔いま〕のニッポン、総理大臣も有識者もマスコミも保育界でさえも、上記のような素朴な事実にアプローチが及びません。どうしてでしょう。 次回(12月12日)、自己主張いたします。

2017年11月14日 火曜日

 〔ユナタンDX-2〕 №33
ニッポンの〔いま〕のなかで保育する、ということ ②

平成29年11月14日 片山喜章(理事長)

新緑や草花が芽吹く春よりも、中秋から晩秋にかけての方が身も心も深く自然に溶けこんだ気がします。春は何となく開けっぴろげな感じで気だるさに包まれますが、冷気を含んだ秋の風に肌を撫でられると自然と共生している感覚がめざめ郷愁を覚えます。日本に住むことの幸せの1つです。
この時期、各園の保育も秋の自然を強く意識した内容が多く取り入れられて充実期を迎えます。
10月16日、「子どもと草木や草花」「園庭の緑化の意義と方法」「人間と自然」を考える研修会が夕刻のはっとこども園(神戸)でありました。関西各園の園長はじめ多くの職員が参加しました。研修会で学んだことが果たしてどの程度リアルなのか、研修終了後、試しに夜のはっとこども園の園庭に研修会で使ったたくさんの雑草、雑木をまき散らして帰りました。

さて翌日‥‥予想をはるかに超えて大賑わいする子どもたちの姿に保育者は笑い転げて驚きを現わしました。都会に住む私たちは、自然とふれ合うことがとても大切であるとわかっていても、園外保育によく出かけていても、子どもたちが植物好きであると知っていても、その欲求の強さ、その切実感において子どもとおなじように共感できているかと問われれば、怪しくなります。
ニッポンの〔いま〕において、幼少期に自然とふれ合う経験はとても大事だと認識されていますが、その意義や重要性について詳細に語られているわけではありません。法人各園の園庭の雑草はあたりまえのように抜き取られて廃棄される運命にあり、お花は匂いをと観賞用に植えられプランターで植物をお世話しても花びらをちぎって遊ぶことは“イケナイ”とされるのが実情です。

研修会の翌日(10月17日)、園庭には前夜、撒き散らした草木がいっぱいありました。そこで、子どもたちは、角砂糖に群がる蟻のように、フを投げ入れると大騒ぎしながらお口をパクパク開ける池の鯉のように2歳児から5歳児まで年齢を問わず草木に憑りつかれたように遊びだしました。葉っぱで人の顔を作ったり茎や木の実がおままごとのご馳走になったり枝を蒐集したりスゴーイ生け花をこしらえたり“こんな園庭遊び見た事ない”と自嘲するありさまでした。園庭のあり方を根っこから考えさせられると同時に“子どもと自然”について深く再考させられました。

おそらく植物たちは、大人が気づかない魅力と魔力を駆使して子どもを誘っているのだろうと思われます。その色と形、ギュギュッと押しつぶした時に手指に伝わる感触と匂いや臭い、口に含んで味わう強烈な苦みや雑味等、不快なところが一層、魅力的で惹きつけられるのかもしれません。
春先のダンゴムシやザリガニ、夏の終わりのセミの脱け殻を手にするのと同じように草花、草木を触りまくる日常経験の必要性。そこを意識して『これからの保育』を画していきたいと参加者は一様に感じ取りました。そう考えると各園各様に園庭の定義から考え直す必要があります。園庭=グランドという従来の固定概念を引っこ抜いて、新たな考え方を植えていきたいと思います。
もともと幼稚園はキンダーガーデン=子どもの庭ですから、日常的に葉っぱや木の実、花びら、石ころなど、身近な自然の中で遊ぶことがしぜんな幼児教育でした。植物によって五感を刺激されることはヒトの根源的な欲求の1つかもしれません。その欲求に応える“環境づくり”にもっと力を注ごうと思います。「人間は自然の一部である」という知識を「子どもは自然の側に居る」という認識に置き換えて実践しようと、まさに〔いま〕、各園、各様に思い巡らせているところです。

私自身は経済学部出身だったこともあり、保育の世界のタコツボ化を避けたいと願っています。ニッポンに限らず、世界は幸福の尺度を経済で測る経済至上主義の絶頂期にあります。人権意識や民主主義思想が膨らむ一方でパナマ文書、パラダイス文書などお金持ちの貪欲さは半端ではなく、環境破壊と軍拡競争はだれにも止められず着実にすすんでいます。今回のトランプ大統領のアジア訪問も武器の売り込みの側面が強烈に吹き出しました。こんなセカイの〔いま〕に目をやると保育や教育の意味も価値もわからなくなり無気力に陥ってしまいそうになります。けれども玩具や教具ではない自然の草木、草花で必死に遊び込む子どもたちの姿に一抹の希望を見出します。

もしも、来る日も来る日も自然物にまみれて、時には綺麗な花をちぎったり、全身泥だらけになったり、人類が自然の一部であることを実感できる経験を重ねるなら、将来、経済至上主義の思考から抜け出せるかもしれない、と淡いけれどもしぜんな期待を抱いています。たとえ、各園の園庭が草木、草花でいっぱいになっても、その背景や教育的趣旨をご理解いただきたいと願います。

~ カタヤマメソッドについて ~

前回のユナタンDX-1で“カタヤマメソッド”と記したところ、また、ある園の運動会の園長挨拶で“カタヤマメソッド”と言ったところ『それって初耳!』という声がいくつか寄せられました。
1)運動会を観客(保護者)に見ていただくイベントとして位置付ける(間をあけない事、1つ1つの種目が長くならない事。見ていただく内容が練習過程で育まれた子どもたちのやりきる力である事=バルーンや組体操、競技種目においても誰とでもその場で工夫して力を合わせようとする姿である事)。
2)本番、できる限りその子本来の力が表現できるように配慮する(かけっこを5歳児からする意味は、その姿を待機する4歳児、3歳児、2歳児が見てイメージを持てるように。特に2歳児は5歳児、4歳児、3歳児の走る姿を見るように促されて興味をもってイメージを抱いて自分たちの出番を向える)。
3)親子競技は、親の力発揮をテコにして他の子ども(他の親)とのふれ合いをねらいます(子ども運び)
4)保護者競技は、スキルを低くして親同士のふれあいにする(創作の大繩くぐりグッパー)。
5)競技の練習過程は「短時間」「小グループ」「エンドレス」でいろんな友達といろんな競技内容を短時間で何度も繰り返す(エンドレストラックリレー等、子どもの基本的欲求に合致)。
6)組体操やバルーンは自分たちが練習した内容を自分たちでVTRを見て自己評価の話し合いをする。そのくりかえしで、子ども自身の力で課題を語り合い改善をめざす。= これが本来の幼児教育、集団の力。ローカルガバナンスです。
とまあ、ざっとこんなかんじです。